動画配信サービス基礎知識

ストリーミングとダウンロードの違いを徹底解説!

動画配信サービスを利用する時によく聞く

『ストリーミング』と『ダウンロード』

このストリーミングとダウンロードの違いについて今回はまとめて行きたいと思います。

家で見るときはどちらが使いやすいのか、外出先ではどちらが良いのかなど使い分けるととても便利なのでストリーミングとダウンロードの違いが気になる方はぜひ参考にしてみてください。

ストリーミング再生ってなに?

ストリーミングは最近よく聞くようになった再生方法だと思います。

ストリーミング再生の特徴やメリット、デメリットを確認してみましょう。

ストリーミング再生のメリット

ストリーミング(Streaming)再生とはインターネットに接続しながら映像や音声を楽しむことができる再生方法です。

そのため再生まで時間がかからないことが大きなメリットとなります。

またスマホやパソコンといったデバイスのストレージを利用しないので容量を気にすることなく楽しむことができます。

ストリーミング再生の代表的なものはYouTubeですね。

YouTubeのように動画をダウンロードせずにすぐ見ることができるものがストリーミング再生と呼ばれるものです。

ストリーミング再生のデメリット

ストリーミング再生はインターネットに接続されていなければ利用することができません

かろうじてネットがつながっている状態では再生されない、もしくは再生されても画質が悪い状態でしか再生することができなくなります。

また常に通信しながら再生するため通信料がばかにならなくなってしまいます。

Wi-Fi環境での利用ならいいですが、スマホなどでデータ通信を利用しながらストリーミング再生をしてしまうとすぐに利用制限になってしまうかもしれないので外出先などのWi-Fi環境がない場所での利用は注意が必要です。

ダウンロード再生ってなに?

昔からインターネット用語としてダウンロードという言葉はよく聞くと思います。

動画や音楽などをスマホの中に保存して利用することをダウンロード再生といいます。

それではメリットとデメリットを見てみましょう。

ダウンロード再生のメリット

ダウンロード再生はパソコンやスマホといったデバイスに動画や音楽のデータを保存して利用する再生方法です。

そのため、ストリーミング再生では通信料が気になるため外出先での利用は注意が必要でしたが、ダウンロード再生ならばWi-Fi環境で動画をダウンロードしておけば外出先でもどこでもデータ通信料を気にすることなく利用することができます。

ダウンロード再生のデメリット

ダウンロード再生は保存が完了するまで動画を再生することができません。

そのため動画をすぐ見たい時でもすぐには動画を見ることができません

さらに動画を保存するための空き容量も必要になってしまいます

映画などの大きな容量のものを保存しようとするとスマホなどの容量が小さい媒体ではすぐに容量がいっぱいになってしまいます。

ストリーミングとダウンロードはどっちがいいの?

ぶっちゃけどっちがいいというものはありません。

どちらにもメリット・デメリットがあり使う人や使う場所によって使い分けるのがベストです。

動画配信サービスでもストリーミングとダウンロードの両方が使えるところがほとんどとなっています。

以前までですと、大手動画配信サービスであるHuluはダウンロード再生に対応していなかったのですが、現在はダウンロード再生もできるため動画を持ち出して視聴することが可能になりました。

どちらにも対応しているVOD
  • Hulu
  • Amazonプライムビデオ
  • dTV
  • Netflix
  • U-NEXT

ストリーミング再生とダウンロード再生についてまとめ

ストリーミング再生のメリット

  • すぐに再生できる
  • 容量を気にする必要がない

ストリーミング再生のデメリット

  • データ通信料が大きくなる
  • ネット環境がないところでは利用できない

ダウンロード再生のメリット

  • どこでも利用することができる
  • 外出先でもデータ通信料を気にしなくてもいい

ダウンロード再生のデメリット

  • ダウンロードが完了するまで再生できない
  • 空き容量がないとダウンロードできない

ストリーミング再生とダウンロード再生にはどちらにもメリット・デメリットがあります。

動画配信サービスを選ぶ際はストリーミング再生とダウンロード再生のどちらにも対応しているところを選ぶとよいでしょう。