動画配信サービス基礎知識

10.5インチipad proを購入したので、初期設定等を解説します

VOD鑑賞用に2017年モデルのipad pro(10.5インチ)wifiモデルを購入しましたので、画像付きで初期設定等の解説をします。

これからipad proを購入しようと思っている人や、まだ初期設定をしていない人は参考にしてみてください。

ipad proについて簡単に説明します。

ipad proの2017年モデルはipad proとしては2代目でproという名前が付くだけあってほかのipadに比べて性能は圧倒的です。

画面もretinaディスプレイを採用しているだけあり、とてもきれいです。

retinaディスプレイはフルHDとよく比較されていますが、私の個人的な意見としてはフルHDよりもretinaディスプレイのほうがきれいで鮮明に見えます。

この記事ではipad proの発注から初期設定までの解説と、私がVODの観賞用にipad proを選んだ理由を説明します。

 

発注から到着、開封まで

appleの公式ホームページから色やストレージ等を自分の好きなように組み合わせて発注します。

在庫があれば発注からだいたい2~3日でお手元に届くようです。

私は発注してから2日で届きました。

このような段ボールに入れられて届きます。

発送業者はヤマト宅急便でした。

そして開封…開けてみると上の画像のような感じで固定されて入れられていました。

早速取り出してみます。

裏面も撮影

 

このままにしていてもらちが明かないのでもう開封していきます。

 

 

ipad proを取り出してみると

 

内容物はipad pro本体と充電器、充電ケーブル、説明書となっております。

ごちゃごちゃといろいろ入っていないので簡単ですね。

ipad proは最初保護フィルムに守られているのでこれをとりましょう。

裏面のほうから簡単にとることができます。

ipad proの下のほうから保護フィルムの取り口があるのでそこからフィルムをとっていきましょう。

次は左右にはがしていきます。

これで開封が完了です。

ここまでが発注から、到着、開封までの順序になります。

電源ON~初期設定

 

箱から出しただけではせっかくのipadがもったいないですし、早く使ってみたいですよね。

それでは早速電源を入れていきましょう。

本体右上にある電源スイッチを長押しすると電源が入ります。

電源を入れると「こんにちは」という文字とともに画面が明るくなります。

※「こんにちは」以外にも「HELLO」や「Ciao」など各国のあいさつの文章が出てきます。

ホームボタンを押して開きましょう、ホームボタンは画面下の丸いボタンです。

 

国や地域を選択する画面になりますので、「日本」を選択して先に進みましょう。

次にキーボードの選択をします。

これは使いやすいもので結構です。

あとから変更もできるので気楽に選びましょう。

次はwifiの設定になります。

自分の利用するwifi回線をタップしてパスワードがあるならそれを入力しましょう。

wifiの設定が終わったら、位置情報サービスの設定です。

これはONにしているとマップなどで自分の位置を提供するのに必要で、ナビなどを使って現在地から目的地まで行くときに便利です。

ONにしたからといって、自分の位置情報が不特定多数の人に知られるわけでもないのでとりあえずONでいいです。

Touch IDの設定をします。

ipad proを利用するときのセキュリティにもなります。

ipad proを開くときにパスコードがいるのですが、指紋認証で簡単に開くことができるようになります。

先ほどの画面から進むと上のような指紋を登録する画面になります。

登録したい指でホームボタンを何度も触れてみましょう。

このように指紋が赤くなるまでホームボタンに触れましょう。

ここまでになったら次に進みます。

次は自分のappleのIDと同期させる作業になります。

今までapple製品を使っていなかった人も購入時に設定したメールアドレスとパスワードでログインすることができます。

初めての人はここで「新しいipadとして設定」をタップして次に進みます。

Apple IDのところに登録したメールアドレス。

パスワードのところにはその時登録したパスワードを入力しましょう。

入力したらこのような画面になるので、ある程度目を通してから「同意する」をタップして進みましょう。

私は早く利用したかったのでなにも読まずに「同意する」を押してしまいました。

最後にSiriの設定をしましょう。

ホームボタンを押したまま「Hey Siri」と呼んでみましょう。

人がいると恥ずかしいと思いますので、一人でやるといいと思います。

以上でipad proの初期設定が完了します。

だいたいの操作説明は画面に表示されているのでその指示に従っていれば初期設定は完了できます。

VOD鑑賞にipad proを選んだ理由とは

2018年の春に税別37,800円の9.7インチipadが発売されました。

この9.7インチのipadとものすごく悩んだのですが、最終的に10.5インチのipad proを選んだ決定的なポイントがあります。

ポイント① スピーカーの数

9.7インチのipadにはスピーカーが下側に2つ設置されているだけなんですが、ipad proならば下側に2つ上側に2つの計4つ設置されています。

ipadを横にして映画を鑑賞するときに通常のipadでは片側からしか音が鳴らないためバランスが悪く聞きずらいですが、

ipad proならば横にして動画を閲覧する場合でも左右から音が出るためバランスよく音を聞くことができます

ポイント② 反射防止コーティングの有無

せっかく持ち運びのしやすいタブレット端末なので外出先でも動画を鑑賞することを考えたとき

ipadでは反射防止コーティングがないので、外や光が強い場所では動画がみずらくなってしまいます。

ipad proには反射防止コーティングがあるため強い光がある場所でもストレスなく動画を鑑賞することができます。

ポイント③ ストレージの違い

2018年版のipadの場合最大のストレージが128GBのものまでしかありません

長時間の移動や、まとめて大量の動画をダウンロードする場合128GBでは心もとなく感じます。

ipad proならば256GB、512GBのものまで選択することができるので、大量の動画をダウンロードしても安心です。

まとめ

ipad pro(10.5インチ)は注文してからすぐに届きます。

届いた時の包装の状態も厳重すぎずに簡単に開けることができる点はとても素晴らしです。

初期設定も行うべき操作は画面に表示されているため、ほとんどは指示に従っていれば完了することができます。

ただしApple IDパスワードなど必要になってくるので、メモしておくと初期設定の時に約にたつでしょう。

ipad proでVODを鑑賞するために必要なアプリなどを解説した記事をそのうち更新するので楽しみに待っていてください。